バストアップ

垂れちゃった胸を戻す

どうして胸って垂れるのでしょうか?妊娠出産授乳を経てその形が崩れて垂れてきたという人が多いでしょう。

年齢を重ねていくと女性の場合殆どの人が実感している現象かもしれません。じゃあずっとおっぱいは垂れたままにいくしかない?というとその対策はあるのです。

実は胸が垂れるそれなりの原因があります。その原因を抑えておけば予防や対処方法がわかるというもの。

胸は乳腺と脂肪から成り立ち、クーパー靭帯がそれを支えている格好になります。このバランスが崩れた時にバストの形が変化してきたり崩れたりするのです。

下に垂れた、ワキや外側へ流れてきた、ハリがない、デコルテがなくなった、バストがやわらかく感じる…このような変化を実感してはいませんか?この原因は大きく2つに分けられます。

ひとつは年齢による女性ホルモンの変化。女性ホルモンの分泌やバランスが減退してくると乳腺や脂肪などにも変化が起きます。

そうなるとハリとか弾力がなくなって形が崩れたり垂れてきたりするのです。またもう一つの原因は胸への負荷。運動等胸が揺れることでクーパー靭帯が伸びて乳腺を支えられなくなると垂れてしまうのです。

寝る姿勢も大きく関係します。胸が色々な方向へ引っ張られる格好になり負荷がかかるので結果胸が垂れてしまいます。このような原因から意識しないうちに段々と形が崩れて胸の上部のハリがなくなったりして垂れてきてしまいます。

垂れた胸のほとんどは加齢と関係していますが、リンパマッサージで老廃物を流すことで女性ホルモンの分泌を活発にすることは可能なので、サプリやエクササイズなど効果的なものと組み合わせて行えばかなり期待出来るはずです。

また負荷による垂れた胸はクーパー靭帯が伸びる事から始まるのですが、バストアップのプロのエステシャンからケアを受けるのも方法のひとつ。

またそうなる前の段階では自分に合ったブラジャーを選ぶことがポイントです。激しい運動でも大きく胸を揺らすことはなくなります。

ですがあまり激しく胸だけが大きく揺れてしまうような過度の運動は注意した方がよさそうです。きれいな胸、崩れない美乳には色々な注意が必要ってことですね。

バストアップする方法メニュー