バストアップ

バストアップのツボ

バストアップには色々な方法があります。サプリやマッサージ、エクササイズなどその人に合った方法でチャレンジされている女性がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

どの方法もバストアップに必要な女性ホルモンの分泌にアプローチするためのツールであることは間違いないでしょう。

女性ホルモンを分泌させることと老廃物をきちんと排出してめぐりをスムーズにすることでその効果が表れるともいえます。そのためのリンパトリートメントも必要でしょう。

バストアップに効果があると言われるツボもそのためにあるはずです。そのツボも一つではなく微妙にそれぞれの機能があるようです。

まずは左右のバストの真ん中にある「だん中」と言われるツボ。バストトップを結んだちょうど真ん中にあたり、女性ホルモンを活性化するツボです。

同じ働きをするツボで「えんえき」と言われる場所は乳房の下部両脇の下に位置します。軽く押すと痛く感じるところです。

もっともバストアップに効果があるとされるツボが「天渓」と言われるツボでバストトップと同じ高さにある乳房の脇に位置します。

乳腺を刺激してハリのあるバストになる効果があるのだそう。またリンパの流れや女性ホルモンの活性化に効く「乳根」と言われるツボもよく知られていますね。

このようにバストの周りや脇の下のエリアにはバストアップや女性ホルモンに直接関わるツボがたくさんあります。「だん中」はゆっくりと力を加えていって5秒押すだけ。

そのままゆっくり力を抜いていくのですがこれを5回繰り返すと効果的。「天渓」は左右それぞれのツボは左右それぞれの親指でバストを下から押し上げる感じでゆっくりと押し上げていきます。

「乳根」は少し痛みを感じるツボを指で3秒押してゆっくり離す動作を3回繰り返します。ゆっくり優しくツボ押しをしていくのが基本ですが血行がよくなる入浴後などに行うとさらに効果が増すようです。

バストアップする方法メニュー